ピラミッドの神秘マヤ宇宙・予言・世界地球世界

陰の裏は表

BkISRnCCQAEvavU陰陽・表裏・太陽と月

インターネットが普及した今の世の中、秘密隠密や隠されていた陰謀論、真実も含めて世界中にあるどんな情報も掘り進めていけば探り知ることができるようになりました。

国家機密でさえリークして公開する組織があるくらいですしね。

また神聖な領域であった天や神の領域、スピリチュアルや霊的な領域のことも、調べればそれなりの真理にたどり着くことができますし、様々な経験者のブログや体験談も読む事ができます。

本当に便利な時代になりました!

ところがです。
それら裏と陰が溢れてきていっぱいになるとどうなるか、まだ現代人は知りません。
正確にいえば知る人は限りなく少ない、と言えます。

tenshiakuma
真実や真理、隠されている事柄も含めてすべてがもしも「正しい」としても、

それを判断できるだけの智恵がなければそれらはただの「知識」でしかありません。

「知っている事」と「理解している事」は違いますし、知っていても自分の人生にとっての智恵として使えるか、信じた真理や陰謀論に基づいて行動をとれるかは別のことです。

大学を卒業するまでに学んだすべての知識が、今現在のあなたの人生にとってどれほど活かされていますか?

そういうことです。

知識は所詮「知識」という領域に蓄えられた「記憶」でしかありません。
記憶は使わなければ次第に薄れ、忘れていきますし、知識を役立てるためのノウハウがなければ、大胆に言えば「記憶」としての「知」はどんな正論であろうと陰謀であろうと真実であろうと大差なく、知ってるだけでその存在意味を持ち得ません。

inneruniverse

例えば、福島原発事故についての政府と東電が行った隠蔽工作。

政府もマスコミもこぞって情報を操作し、誰の目にも明らかなほどの「嘘」を並べ立てました。これ以上隠して誤摩化しても無駄だ!と何度思ったことでしょう!
3年経った今、その嘘の情報により日本政府や東電は多くの信頼を失いました。

原発事故によって故郷を離れることを余儀なくされた人たちの怒りの声は、次第に私たちの耳に入らなくなり、裏で大量のお金がばらまかれ、そのせいで家庭が崩壊してしまったり、生きる希望を失って精神が不安定になり、それでも復興支援は続いていることに対して、福島から遠く離れている国民の怒りと不信の記憶は薄れはじめ、復興を応援しながらも原発事故についての隠蔽工作を咎め続ける人の姿はまばらになりつつあるのではないでしょうか。

私はそれが正しいとか間違っているとかを言いたいわけではありません。

政府やマスコミが隠していた「真実・影の情報」として知った人と、原発事故による被災を自らの身に「真実・影の情報」を「体験」してしまった渦中にいる人にとっては、その情報は異なる意味をもちます。
「嘘と現実が直結しているか否か」です。

陰謀説や影の世界政府、世界経済の仕組みやエネルギー戦争・・・
それらはあなたの生活や現実に直結していますか?

直結している人であれば、それはその人にとって影や陰謀説などの類いの情報ではなく、

現実的に取り組む「課題」となる情報の発見です。

直結してない人であれば、それはただの記憶に蓄える知識でしかありません。
ま、しいて言えば人に見せびらかすツールとしての陰の知識だったり、知っているということでステータスを得られるか、仲間意識を共有できるようなモノなのでしょう。つまりは何も情報をもたない普通の人と、陰謀論をもった人との違いだけで何も変わらないのです。

影や裏、陰謀説を知ったからといっていい事があるわけじゃないし、それが正しいわけではないのです。

今の時代「情報」は溢れていますから、ネットにアクセスすればたとえそれが専門的な知識を必要とするプロフェッショナルな新情報だとしても、すぐに拾い上げて自分のものとすることもできます。そしてその情報をもっている人とつながる事で、最先端の情報をもつ仲間になれる、嫌、なった気になれる、わけです。

精神世界のことも同じです。
スピリチュアルなことやアセンションについてたーーーーくさんの情報を持っているからといって、
それがただの「知識」では意味がないのです。
何も情報はないけれど、自分というスピリットに光と影の統合を見つけた人のほうが
はるかにスピリチュアル的でライトワーカーです!

毒も同じ。
古代人にとって周囲は毒だらけでした。食料を確保するにはまず身近にある毒からの被害を未然に防ぐことが大事で、生き延びるためには「山の毒」「大地の毒」「海の毒」「水の毒」「目に見えない神の祟りだと言われていた微生物の毒」などを知ることで、民族が糧を得て生きながらえることが出来たのです。
さらには毒があったからこそ「薬」が生まれたのも真実です。
古代人にとって「毒」はあるのが当たり前で、毒か毒でないかを見分ける智恵がない限り、毒されて死んでしまうという危険と毎日が隣り合わせでした。

現代人にとっての毒は何でしょう?

もしかしたら古代人の智恵を活かして作った「薬」が今や「毒」なのかもしれません!

IMG_0785
ピラミッドの謎も同じ。

ピラミッドの内部には秘密の小部屋があります。
そしてその秘密の部屋の中には何も入っていません。

それらの意味がわかる人には「影」と「表」の寓意が理解できることでしょう。

2014年の春分を過ぎた頃からナーカルスピリットが教えてくれる事。

影、陰謀説、裏情報など「裏」と呼ばれる情報は、既にもう「表」となりました。
ので、今や「過去の表」の「裏」が「現在の表」なので、裏も表も変わらない。
裏の裏はまた表。という真実。
IMG_0328

陰謀、影、裏、後ろばかり追いかけていると、それが自分にとっては「表」となるので、それらを求めていない人あるいは何も気にしていない人から見れば、たとえその情報が真実だとしても「何か怪しい」人に見えてしまうのです。

思い出してください。

アセンションによって次なる次元へと移行すると、世界はインサイドアウトする。ということを(*^-^)!

IMG_0776
無意識の力と神秘的キリストとの関連

錬金術〜古代秘蔵の学問〜

次元上昇体験(10年前の文書)

IMG_0376
イザヤ60

太陽がもうあなたの昼の光とはならず、
月の輝きもあなたを照らさず、
主があなたの永遠の光となり、
あなたの神が あなたの光栄となる。
あなたの太陽は もう沈まず
あなたの月は 陰ることがない。
主があなたの永遠の光となり、
あなたの嘆き悲しむ日が終わるからである。

(主をマヤのナーカルサインと置き換えてみてください)

黙示21

聖なる都エルサレムが神のみもとを出て、天から下ってくるのを見た。…
都には、これを照らす太陽も月もいらない。
都の門は一日中決して閉じることがない。そこには夜がないからである。
もはや夜がない。神である主が彼らを照らされるので、ともしびの光も太陽の光もいらない。


おすすめ