マヤ占暦学マヤ宇宙・予言・世界マヤ講座思想・哲学・秘教の学問

古代マヤ占暦学講座Q&A

古代マヤ占暦学 講座Q&A

 

先日募集を開始した「古代マヤ占暦学入門 受講生募集」の講座について、何件かお問い合わせがございましたので、Q&A形式にてお答えいたしますね。

 


Q: マヤ暦の初歩的なこともわからないのですが、講座についていかれるでしょうか?

A: マヤ暦やマヤ文明の歴史などマヤだけでなく、占いや哲学など何も知識がなくても全くご心配いりません。マヤのことを何も知らない方がストレートに世界観が入っていくはずですし、理論やハウツーについては、個々のスピードにあわせて学べるような仕組みにしております。

 

Q: 勉強が苦手なのですが、神秘的なマヤの宇宙や世界は知りたいと思います。

A: 一般的にいう「勉強とか学び」とは、先生が生徒に教えることを目的としていて、生徒は記憶力や理解力が求められていますね。私のマヤ講座ではそれらはいりませんし、私も教えを目的とはしていません。マヤの世界観が好きになってイメージが次々とわいてきたり、不思議なことをたくさん感じたりしながら、私の智恵と知識を見て、知って、体験して盗んで修得していただくための講座です。
ゲーテ作「ファウスト」の「ストレーベン=求めて探求する」気持ちこそが求められます。

 

Q: 占い師にならない人が受講するのは難しいでしょうか?

A: いいえ。占い師になるかならないかは全く関係ありません。次のような皆様にも有用な講座だと考えております。

自分がこの世に存在している意味を知りたい人
人間関係を解き明かして社会や仕事、実践や戦略に活かしたい人
占い師として「古代マヤ暦」の神話学や占暦学を理解して仕事に活かしたい人
古代マヤ民族の世界観や時間を超越して人生をよりよく生きたい人
文化人類学や古代社会システム、循環思想などを深く学んでみたい人
何に役立つかはわからないけど神秘的な運命と直感に従って講座に導かれている人

 

Q: 仕事の都合で月2回の週末講座に全部参加できるかわからないのですが。

A: 学びの主体は受講される皆さん側にあります。月2回の講座も、受講される皆さんの希望にあわせながら予定調整していきます。参加できない月があってもカバーできるよう補習調整していきます。

 

Q: 基本マスターコースだけを受講希望して、後からプロ養成コース変更も可能ですか?

A: 可能です。基礎をマスターすることで、まずは自分の世界観が変化し始めます。そこから次を考えていけばより良い未来が選択できると思います。

 

Q: 単発で数回の講座だけ参加することはできますか?

A: 残念ですが今回の講座ではそれはできません。1回のみの単発セミナーやワークショップのときにご参加くださいませ。(ただいま未定です)

 

Q: マヤ暦占いの別の種類を学んだことがあるのですが、どこが違うのですか?

A: マヤ暦といえば、ホセ・アグエイアス博士が有名です。またマヤのシャーマンとしてカルロス・バリオス氏やケネス・ジョンソン氏もマヤ暦研究家として著名な方々ですね。
それぞれが古代マヤ遺跡やモニュメント、写本群をもとに、あるいはマヤ民族の伝承や暦、占いや神話を聞いて研究し、独自のメソッドを生み出して後世に伝えています。
どれが正しいとか間違っているということで議論しても意味がありません。それぞれが独自の研究に基づいて派生したメソッドだからです。
私が学んできた暦の読み方やサインの特性は、古代ボルジアコーデックスとマヤ神話解読、外国の諸文献や古典的象徴認識に基づいています。心理学の元型や曼荼羅解釈は私独自のメソッドともいえます。他のマヤ暦占いを学ばれた方でも講座に参加いただけます。原初の型が認識できることでしょう。

 

Q: 他の占術で鑑定師をしています。理論を学んだあとマヤ暦と組み合わせて使っても大丈夫ですか?

A: もちろんです。私の知り合いには西洋占星術、四柱推命、易学、数秘術、タロットなどと組み合わせることでより深い理解ができて、実際に活用されている占い師さんもいらっしゃいます。講座でマヤ暦の奥義を学ぶことで、独自の新たなメソッドが構築できるといいですね。

 

 

その他質問や疑問のある方は、フォームまたはメールにてお問合せくださいませ。

 

お問い合わせ

 

弓玉


おすすめ