33年ぶりSuper皆既月食の意味!New

9月28日、最大級の天文イベントとなった4回続いた「テトラッドブラッドムーン」&30%近く大きな「スーパームーン」の宇宙における天体儀式が終わった。

スクリーンショット 2015-09-28 11.23.33

月と太陽の間の一列に地球が位置する皆既月食は、いつもよりも増して赤く染まり「ブラッドムーン(血の月)」となった。

 

ライブ中継で見るとほんとに血の色に近いディープレッド!

 

スクリーンショット 2015-09-28 12.15.01

真夜中0時 イギリスの皆既月食

NASAによると、1900年以降にスーパームーンと皆既月食が重なったのはたったの5回。

 

最後に観測されたのは1982年だそうで、その年の3月29日にはメキシコのエル・チチョン山が大噴火し、その噴煙は高度16000mの成層圏まで到達し世界中に撒き散らされたという。

1982年12月30日の皆既月食は、皆既中の月がほとんど見えない、真っ黒な月で、その時のダンジョン・スケール(月の明るさを示す尺度)は、L=0だったと記録がある。

 

こちらのサイトでも「1982年アトランティスミステリー」で以前書いたが、1982年は生命樹の根っこがパックリ開いていた年であり、不思議な次元ポータルが開いた年でもあった。

 

「9」の象意にもつながっている神秘年、やはり皆既月食とスーパームーンによって、宇宙天体儀式が行われていたのだ。

1982年に始まり、1992年、2002年、2012年生まれは、宇宙の力が直接人体や精神に影響をしているように思えるのだが。

 

次回この宇宙天体儀式が見られるのは2033年になるという。

 

スクリーンショット 2015-09-28 11.07.09

 

マヤ宇宙は面白い意味を教えてくれた。

 

今回の天体イベント現象は、日本ではライブ中継でしかみれない。

 

lunar-eclipse-sept-28-2015-visibility

メキシコのグアテマラ・マヤ地域では27日の夜にこのスーパー天体現象がみられている。

 

マヤ暦で27日は「イヌ・13」

日本では「サル・1」である。

 

 

さらに面白いことに、1982年の12月30日、真っ暗になったとされる皆既月食。

 

その日もまた、マヤ暦では「サル・1」だったのだ!!

 

どうりでいろんなことがシャッフルされたわけだ。

 

イヌ・13は、マヤでみると、冥界の死の神「ミクトランテクウトリ」が天の数秘「13」と陰陽のように一緒にその日を守護していることを意味する。

サル・1は、喜びや芸術、花の女神「ショチピリ」が、新しい始まり「1」を創造し、発展させていく陰陽を意味している。

 

 

IMG_0082

日本で見れないので、宇宙天体儀式のパワーをもらおうと外へ出て、左手で太陽を隠してみた!

パワーをもらってきた♡

 

 

これから世の中は、さらなる次のステージへと変容していくはずである。

 

 

9月30日から10月27日の四隅が定まる日までのあいだ、ケルト暦では「11 Gort Ivy Moon」と呼ばれる「反発の月」にはいる。

 

ドルイドや死者の霊が戻って来るサーウィンを迎える準備期間である。

スクリーンショット 2015-09-28 13.11.07

縄文と古代文明を探求しよう サイト ドルイド

ケルト暦について こちらを参照

 

マヤ暦では前回も書いたが、四隅が定まる日が10月27日にやってくる。

 

シンクロが多い暦だが、天も宇宙も同じだから実のところ当然なのだな。

 

 

さあ、思いっきり宇宙天体儀式の空気を吸い込んで、手をいっぱいに広げて、天体儀式がおわった今夜の満月パワーを内側に充電しよう!!!